teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


下関の港

 投稿者:峠さん  投稿日:2019年 3月19日(火)13時51分39秒
  ワタシは年がいもなく、AKBグループの
STU48…瀬戸内48が大好きなんですが、
彼女たちはほかのAKBグループと違い、劇場がありません。
でもこのたび、船上劇場がもうすぐ完成します!
建造中の船内でのPVミュージック映像、なんど見たことか…恥
ライブで神戸港にも来ます! 下関港にも来ます!
飛んで行きたい~!
下関港でのDVD出ないかなー!
 
 

下関の味

 投稿者:峠さん  投稿日:2019年 3月19日(火)13時35分30秒
  先日、コンビニをたむろしてたら、
海鮮チャンポンというカップ麺がありました。
初めて見たし安かったので、買ってみました。
底の方を見ると、生産工場が下関と…
おっと~! みたいな驚きぃ!

また先日、ネットNEWS見てたら、
下関の小学校で給食にクジラが出た!と…
なんでも、年に3回あるとのことです。
女の子がインタビューで、朝から楽しみにしてました~って!
男の子はウンウンうなづきながら、食べてた様子を見て、
飛んで行きたい! と思ったワタシでした。
 

仮想

 投稿者:パッキン 16  投稿日:2018年12月29日(土)18時36分7秒
  はるか彼方から無償の愛を届けるためにやってくるサンタクロースと、
はるか彼方から魂の救済のためにやってくる菩薩と
乗ってくるものは違いますが、
どちらも人間の切ない願いが生み出した仮想なのでしょうね。
高度の文明のなかでも、ほっとするのは、
人間の生存そのものは西洋東洋を問わず、本来厳しいもので、
仮想に魂が癒されるということか。
 

タッチフォーカス

 投稿者:パッキン16  投稿日:2018年12月15日(土)12時44分55秒
  ワンタッチで遠近を瞬時に切り替えられるめがね。

興味あるなあ。

 

松本と長野あたり

 投稿者:パッキン 16  投稿日:2018年12月 3日(月)18時42分19秒
  先日、松本と長野あたりをうろうろしていた。
松本城にのぼり、これで国宝の城の5個をすべて制覇。
長野の善光寺でのんびりしてたら
俳優のぐっさんに会った。身体がテレビよりスリムにみえる。
長野からバスで戸隠神社の奥社まで行き
戸隠神社の五社をめぐり、制覇。
奥社入り口の横の蕎麦屋のそばがうまい。
さすが戸隠そばといいながら、あっという間に食べてしまった。
 

百年小説

 投稿者:パッキン 16  投稿日:2018年11月29日(木)19時01分2秒
  「百年小説」という本を読んでいる。
いろいろな作家のいろいろな小説のまとまり。
本の見た目は広辞苑の大きさ。
おすすめする。
文字の大きさが大きいのと、
古い小説もルビがついているので、楽によめる。
文学史でみた作家の、ああこの小説というのが
この年齢で読むと味わい深いものが多い。
私は散歩が好きだから国木田独歩の武蔵野は好き。
夏目漱石の夢あたりも楽しい。
 

伝統工芸展

 投稿者:27マス  投稿日:2018年11月12日(月)13時17分36秒
  私も昨日,第65回日本伝統工芸展大阪展へ行きました.
最寄りの駅から一本なので,便利でした.

硯司10さんの作品の本物をはじめて見させて頂きました.
すごいですね(名札の裏の数字を含めて!).
作品として素晴らしいのは,私のような素人にはよくわかりませんが,
これが天然の岩石からできているとは想像もつかないくらい均一なもので,
原石を探すのが大変なことが,改めてわかりました.

yyさんと同じことをしていますが....
私も受賞作のカミキリムシの螺鈿細工の名札の裏を見ました.
「やっぱり!」という感想です.

PS1.幹事 様 写真をお送り頂き,ありがとうございました.
PS2.久しぶりの投稿でペンネームを忘れてしまいました.
 番号は間違っていないはずです.
 

江津湖

 投稿者:パッキン 16  投稿日:2018年11月12日(月)10時32分33秒
  熊本での同窓会の日に早めに行って熊本を散歩しました。
水前寺公園に行ったら結婚式が終わったのでしょう。
華やかな若い女の子やら黒い服を着た年配の男性やらが
湖をバックに記念撮影。
また能舞台で能の稽古をしていました。
能の稽古を見る機会などなかったので
それはそれでおもしろかった。
水前寺公園を一周し、
熊本の文芸館があるというのでそこまで歩いてみると、
そこは図書館でした。図書館の一部が地元の文芸の紹介をしていました。
なるほどと地元出身者の文芸の移り変わりを見終わって
帰ろうかなと歩き始めると
ふと、橋がかかっていて、川を覗いてみました。
川が透き通っているのです。
それはそれは完全に川の底まで見通せました。
思わず、道を曲がり、川の遊歩道へ。
きらきらと水面が輝くきれいな川を見ながら
のんびり歩いていくと
歩く行く手に大きな湖が見えてきました。
ああ、この湖に流れているのかとみると「江津湖」。
この湖もしっかり透明。
名前をしっかりと覚えて散歩終了。
 

伝統工芸展

 投稿者:yy  投稿日:2018年11月11日(日)08時25分48秒
  関西に来るのは初めてとかいうことで
昨日見に行ってきました。
中に入ると、思ったよりも大きな会場、
しかも静かで、客層がいい。
その中で写真で見慣れた丸い硯が立派に
鎮座していました。初めて直に見ました。
伝統工芸、なかなかいいものです。
品のいい紳士が手を伸ばして、名札のプレートの
裏を見ている。何してるのこの人?と思って
プレートの裏を見たら、なんとそこには数字が書いてある。
自動車が1台買えるほどの数字。
下世話な小市民としては、入場券の半券に出ている
受賞作のカミキリムシの螺鈿細工の裏を見に行きましたが
なんとその裏には、さて、何と書いてあったでしょう?
PS 同窓会の写真ありがとうございました。
 

写真ありがとうございました

 投稿者:003  投稿日:2018年11月 4日(日)12時12分6秒
  写真ありがとうございました。よく撮れていました。また名古屋でお会いしましょう。  

レンタル掲示板
/121