teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:41/1435 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「呂」探索記

 投稿者:山本 皓造  投稿日:2017年 4月16日(日)11時56分59秒
  通報
    青木さんの投稿以来、私が昔、「呂」の探索でひと月か二月、走り回ったことを、しきりに思い出しています。といっても、それがいつのことであったのか、もう記憶が定かでなくなっていました。
 気になるので調べてみると、それは2001年の夏であったことがわかりました。その端緒の部分を、話の種に、少し再現してみましょう。

 もう学校は定年退職して、フリーな身体になっていました。自宅もすでに木津町に移っていました。このころの日記はワリとマメにつけています。



 でも、自分で書いたものでありながら、自分でわからない記述もあります。野家というのは野家啓一さんですが、氏の何を読んでいたのか。前後を見て、これは『言語行為の現象学』(勁草書房)であることがわかりました。水本精一郎は住中21期の卒業で、上掲論文は「初期詩篇の構造(1)――伊東静雄論ノート・その三――」(「河」22号、昭49.9)で、水本さんが住高同窓会室に寄贈されたものをコピーして持っていました。

 1998年頃から私は、「伊東Note」と称する、A6版の小さいノートを作って、読んだことの書き抜きや、感想、着想などを片端から書きつける習慣をつくりました。2001年頃にはすでにそれが20数冊に達していました。
 日記に書いた、7/15には、このノートに「構想」を書きつけています。
 ノート番号は「伊東26」で、その29葉目です。
 ここでも自分でわからないことがあり、「正面図」とは何のことなのか? これはやはり野家啓一の『物語の哲学』(岩波書店)を7/12に読了していて、その中にありました。自分では気がつきませんでしたが、この「正面図」という考え、見方は、私の「初期詩篇論」の書き出しの部分や、「河邉」稿の、河の流れの正面に立って見る、などに生かされているようです。
 思いつきに始まって、翌7/16から動き出すのですが、以下は稿を改めて、また投稿しましょう。


 
 
》記事一覧表示

新着順:41/1435 《前のページ | 次のページ》
/1435