teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:42/1435 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

行ってきました~

 投稿者:青木由弥子  投稿日:2017年 4月 7日(金)20時26分3秒
  通報
  今日は駒場の日本近代文学館に行ってきました。『呂』の創刊号から7号まで揃っていて・・・その後のものはなかったのですが、確認したかったのが昭和7年だったので、良かったです。ありがとうございました。

巻頭の論文が社会時評的な硬派なもの。
号を重ねるうちに、同人で毎月集まろう、とか、投稿欄設けよう、広告載せよう、と毎号、少しずつ変化している。
夏場に、青木が一人でやるべきものを持って来た、と文句?言いつつ、裸で蚊をバチバチ叩きながら、男三人、原稿用紙とにらめっこ、なんて光景が面白おかしく編集後期に記されていたり(そういうワイワイガヤガヤには、静雄は参加していませんでしたが)女性教師らしい人が、紀元節(昭和6年とか7年頃の事ですが)を批判的に書いていたり(栄養不良の子供たちが、寒さの中で長いこと校長の国体云々の話を聞かされて、貧血でバタバタ倒れる)精神文化研究所が出来たが、どうせマルクス主義者を批判する御用学者の集まりだろう、というような批判的な紹介をしていたり・・・
また改めて、ゆっくり読み込んでみたいと思いました。目次はとりあえず全部コピーしましたが・・・1枚100円のコピー代・・・通って、必要なところを書き写す方がよさそう。ほとんど人がいないので、ゆっくり静かに読めます。

昭和5~6年の『詩・現実』があったので、借り出して読んでみました。とんでもない分量と濃い内容で驚きました。マルキシズムにシュルレアリスム、英米仏独西の欧米の最先端を翻訳紹介、研究、論考・・・作品欄は、梶井基次郎の短編なんかも詩と一緒にに並んでいて、要するに短い詩と長い詩、あるいは、詩は短めの文学作品、短編小説はちょっと長め、程度の差しか無いようでした。三好達治、丸山薫も、まだこの頃はバリバリのモダニスト。
『呂』の中で、静雄がひとりでモダニスムっぽい短詩を書いていて、同人たちに詩人ぶってるとか、もっとわかりやすく書け、とか言われてる(笑)同人による寸評コーナーなどもあって、面白かったです。

『詩・現実』の中で、静雄の短詩に一番近かったのは、モダニスム時代?の室生犀星・・・。朔太郎がひとりで文語の詩を「叙情詩」と名付けて載せていて、次の号では、新しいイズムは既に皆古びた、今、一番新しいのは新古典主義だ、という詩論を展開していて・・・それだってイズムでしょ、と突っ込み入れたくなるのですが(笑) 昔を懐かしむ、反動的懐古主義ではなく、行きすぎたモダニスムとは異なる新しい道を探そうという古典回帰だったんだな、というのが、なんとなく・・・

帰りに、渋谷のスクランブル交差点を見下ろす駅の2階に、外国人旅行客が鈴なりになっているのを見ました。つられて私も見てみた。全部黒髪の人達が一斉に、バラバラに動くというのは、確かに壮観、不思議なぞわぞわ感があります。
 
 
》記事一覧表示

新着順:42/1435 《前のページ | 次のページ》
/1435