teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:42/1430 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

在りし、在lらほしかりし

 投稿者:齊藤 勝康  投稿日:2017年 4月 1日(土)11時26分36秒
  通報
  高橋睦郎氏の近著。難しい題名ですが筆者と三島由紀夫との50年以上の付き合らを綴ったもの。
27歳の時の詩集「薔薇の木、にせの恋人たち」を三島に送った時、直接、氏に本人から電話が入る。そして「眠りと犯しと落下と」の跋文を頼んだ時三島は「これはぼくが進んで書くことだからきみは、菓子折り一つ持って来てはいけないよ」と強調したとのこと。(124p)ここのところは北三国ヶ丘での伊東静雄に対する皮肉がこめられていると思った次第。「俗人と小人」が裏返る。
188pからの井上隆史氏の対談では「燕」が取り上げられている。三島の小説はその極端な右翼思想から殆ど読んでいないが4部作「豊饒の海」は読了した。1部の「春の雪」の題名は静雄の詩からとられているのは明らか。2.26事件やタイの仏教、転生の物語は4部の「天人五哀」のエンディングにきて驚愕のどんでん返しにて結末に至るのだがこのことを記述したものは高橋睦郎氏が私の知るところ初めてで我が意を得たりと思いました。今回の本、1度の読書ではつかみきれない本ですが氏の2つの詩集を含めてまた再読したいと思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:42/1430 《前のページ | 次のページ》
/1430